スイソニアについて

人の本来の健康を取り戻すための新たな習慣『スイソニア(suisonia)』

現在、スイソニアは医療機関やクリニック、エステサロン、美容室、スポーツジムなどさまざまな施設に導入されています。それは水素が持つ働き・性質を保ち、なおかつ高濃度の状態で生成できる「過熱蒸気分解法(※国際特許出願中)」を採用した高性能の水素吸入マシンであり、水素の可能性を大きく広げた製品です。

スイソニアが持つ5つの特性

科学者や美容家、プロスポーツ選手などさまざまな分野の方も注目するスイソニア。その理由は5つの、スイソニアが持つ特性にあります。

①水素のコントロールを可能にした「過熱蒸気分解法」の採用

これまで水素は反応性の高さと分子の小ささから、コントロールすることが難しいとされてきましたがスイソニアは最先端技術を採用した分解法で、それを可能にしました。

一般的な水素生成器に用いられている電気分解法では無く、スイソニアのメカニズムは複雑です。
水を加熱させることで発生した過熱蒸気をさらに加熱し、水素を分離させます。そうすることで適正な濃度の水素を含んだ混合気体(水素66.6%と酸素33.3%)を発生させるようコントロールしています。

②「吸う」ことで効率的に水素が身体に行き届く

気体として、生成することで鼻からの摂取つまり鼻の粘膜より吸収することができるようになりました。そして、無味無臭でもあることもあり、吸気に適している気体です。

鼻腔粘膜下の毛細血管から血液によって、水素が全身に運ばれます。
この方法が体内バリアの影響を受けにくい上に、吸収率も良くなることが分かっています。

③「然(ぜん)XEN」が身体に与える良い作用

過熱蒸気分解法によって発生される気体を独自に「然(ぜん)XEN」と名付けました。この気体によって、スイソニアは大気中の約48,000倍にあたる2.4vol%にもなる高濃度の水素を発生させることができます。

そして、その作用は血管内皮の強化や機能改善作用・身体の抗炎症作用・自然治癒力の強化作用などがヒト試験によって実証されています。

④純日本製で、アフターケアもばっちり

製造からメンテナンスまでを一貫して日本国内で行うことで、品質管理を徹底しています。基本の性能はもちろん、長年の使用による劣化にも対応するメンテナンスもとても重要になります。
カスタマーセンターでは、使用機の状態把握からメンテナンス指導なども実施しています。

⑤簡単な使用方法

スイソニアは、月に1度程度のペースでタンクにミネラルウォーターを継ぎ足すこととスイッチを押すだけで使用できます。
電源をONにして、ミネラルウォーター(約800ml)を水位表示まで入れる。

↓ノーズチューブを本体の取り付け口に接続する。
タッチパネルの吸入時間を設定後、「入/切」を約1秒間長押ししてヒータースイッチON。

↓天板が持ち上がり、運転中の表示になる。約15~20分程度経つと、タッチパネルの水素ランプが点滅し、同時にブザーが鳴る。水素を含んだ過熱蒸気スチームが発生するので、吸入可能。
↓あご下の長さを調整して緩さでずれないようにする。

吸入時間が終了すると、自然にヒーターがOFFになるため水素の発生も止まる。
最後に電源を切る。

<メンテナンス>
・数回使用すると、水タンクの水位が下がるのでタッチパネル表示とブザー音でお知らせがあります。
・1000時間の使用でタッチパネルに「ヒーターカートリッジ交換時期」という表示が出るので、ヒーターカートリッジを交換してください。(¥18,000税別)

水素の力を発揮させるスイソニア


現在の生活には、ストレスや大気汚染、食品添加物など人の身体に害を与えるものが多い中、身体のケアをすることは健康に暮らしていく上でとても大事なことです。
水素の可能性を大きく広げ、5つの特性を持つスイソニアが、私たちの身体本来の健康を取り戻すことができる力になってくれるのです。

投稿日:2017年1月12日 更新日:

Copyright© 【公式】水素吸入器スイソニア(suisonia) , 2017 AllRights Reserved.