水素とは

水素は宇宙の90%を占めており、地球上でもっとも小さな物質のひとつです。人の目では見ることのできず、無味・無臭で人体には無害です。その水素は細胞が酸化される作用を還元するという性質をもっており、あらゆる抗酸化物質の中でも桁違いの抗酸化力があります。現在は全疾患の80%が酸化ストレスによるものとされ、酸化ストレスによって発生した活性酸素が正常な細胞までも酸化させてしまい、老化を早めてしまったりさまざまな病気をひき起こしてしまう原因とされています。水素はその活性酸素と結び付き無害な水へ変えることができるので、人体にとってもっとも適した抗酸化物質なのです。

水素をどのように体に取り入れるのか

水素を摂取する方法のおもなのは水素水やサプリメントから取り入れる消化吸収。水素風呂の入浴による経費吸収、水素ガスの呼吸による粘膜から取り入れる粘膜吸収があります。その中でも粘膜吸収は、鼻呼吸から直接毛細血管に水素を送り込むことができるので、もっとも効率的で効果的な摂取方法とされています。

なぜ水素吸入が良いのか

消化吸収や経費吸収よりもより早く効率的に水素を送り込むことのできるのが粘膜吸収といわれています。その理由は、鼻の内部にはものすごく細かく張り巡らされた毛細血管があり、そこに水素ガスを送り込むことで直接血管に水素を取り込むことができるので、血流と一緒に全身に水素を届けることができるのです。また、粘膜級は体内バリアの影響をうけにくく、吸収率が飛躍的にアップする方法とされているのです。水素吸入は長時間吸っても人体に害はなく、読書やPC作業など何かをしながらでもお気軽に吸引できます。

抗酸化力の比較

水素と他の抗酸化物質を同量摂取した場合、分子量のもっとも小さい水素がより多くの電子を放出します。1個の電子から得られる抗酸化力は同じであるため、他の抗酸化物質より圧倒的な抗酸化力を発揮するのです。

投稿日:

Copyright© 【公式】水素吸入器スイソニア(suisonia) , 2017 AllRights Reserved.